• HOME
  • [FAQ]Knockdocではどのような文書が作れますか?

よくあるご質問(FAQ)

Knockdocではどのような文書が作れますか?

Knockdocによって作成できる文書は、
見積書」「注文書」「注文請書」「納品書」「検収書」「請求書」「領収書」の7種類です。

それぞれの文書の関係

それぞれの文書の関係は、(発注者)-(受注者)間の取引の流れに従い、以下のようになります。

  • (発注者)(受注者)へ見積もりを依頼する
  • (受注者)(発注者)へ「見積書」を発行する
  • ② 見積書の内容に従い、(発注者)(受注者)へ「注文書」を発行する
  • (受注者)(発注者)へ、注文を受諾する意味の「注文請書」を発行する
  • (受注者)(発注者)へ、商品の納品と共に「納品書」を発行する
  • (発注者)(受注者)へ、受け取った商品に問題がなかったことを証明する「検収書」を発行する
  • (受注者)(発注者)へ「請求書」を発行する
  • (発注者)(受注者)へ商品代金を支払う
  • (受注者)(発注者)へ「領収書」を発行する

よくある質問一覧へ戻る

運営会社

会社名 フェイバー・アプリケーションズ株式会社
代表取締役 山田 治生
設立 2012年2月2日
資本金 2,100万円
事業内容 無料のクラウド請求書発行システム「Knockdoc(ノックドック)
ロボット営業代行サービス「Knockbot(ノックボット)
かんたん画面共有・オンライン会議システム「会議.jp
Webデザイン・システム開発サービス「バルトテック&デザイン
所在地 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-8-5 KNビル5階
電話番号 03-6277-3631

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

03-6277-3631

受付時間:平日9:00-18:00※土日祝日休業